就労継続支援B型とは、障害や難病をもち、年齢や体力の面での不安から企業で働くことが難しい方に向けた福祉サービスです。企業と雇用契約を結ばず、比較的に簡単な作業を短時間から行うことができ、給料ではなく作業成果に対する工賃が支払われます。

企業に属することなく、就労継続支援B型事務所で働くことができるため、体調面を考慮しながら自分のペースで自由に働くことができます。それでは、実際に就労継続支援B型を利用する場合の流れを紹介します。

就労継続支援B型の対象者

非雇用で比較的自由に働くことのできる就労継続支援B型ですが、利用できる対象者には制限が設けられており、働くためにはその条件をクリアしている必要があります。就労移行支援事業所などを利用していたが、企業への採用には至らなかった方や、定められた年齢以上で就労の機会を通じて能力の向上が期待される方が就労継続支援B型の対象者とされているのです。

就労継続支援B型は、学校を卒業したあとそのまま利用を開始することはできません。就労経験や就労移行支援事務所での認定などが必要となり、働いたことのない人や卒業後の進路としてすぐに利用することは難しくなっています。市区町村の障害福祉窓口で相談が可能となっていますので、まずは気軽に相談してみましょう。

就労継続支援B型事務所の探し方

就労継続支援B型事務所がどこにあるのか、利用したいけど何から始めたらいいかわからない、という場合はまずはハローワークか地域の障害福祉窓口で相談をしてみましょう。

Webサイトにも事務所の情報が掲載されているので、自分で探したい場合はどんな事務所があるのか一度検索してみるのもおすすめです。病院などから紹介されているケースもあるため、通院している場合は一度窓口で確認してみるのもいいかもしれません。

利用手続き

利用の開始の流れは、以下のとおりとなります。
利用したい事務所の決定→障害福祉窓口で利用の申請→現状の聴きとり調査→サービスなど利用計画書の提出→受給者証の発行→利用開始

事務所によっては、見学や面談、体験などを行っているところもありますので、利用できる場合は、作業の様子や雰囲気を知るためにもぜひ利用してみるといいでしょう。

まとめ

就労継続支援B型の利用の流れはいかがでしたでしょうか。対象者に当てはまるのかわからない、気になる事業所をWebサイトで見つけたけどどうしたらいいのかわからない、というような場合は、まずは住んでいる地域の障害福祉窓口に気軽に相談してみてください。利用にあたっての注意事項や、今後どのようにしたら働けるのかを教えてもらうことができますよ。