就労移行支援制度とは身体障害や精神障害、難病を抱えた人が、事業所で訓練を受けながら、一般企業で働くことを目指す制度です。就労継続支援A型や、就労継続支援B型との違いは、いずれ就職をすることが前提としての訓練である、という点です。

就労移行支援制度とは

就労移行支援制度は就労継続支援A型や、就労継続支援B型とは違い、働くことを継続するのではなく、働く訓練から就職に移行することが目的の制度です。そのため、就労移行支援制度には2年間という期限が設けられており、必要がある場合での最大の延長は12カ月までと決められています。

就労継続支援B型から就労移行支援制度への移行は可能か

就労継続支援B型から就労移行支援制度への移行は可能です。就労継続支援B型事業所での訓練を経てステップアップとして就労移行支援制度へ進んでいく人も多くいます。

手続きとしては、住んでいる市区町村の障害福祉窓口で必要書類を提出すればすぐに移行することができます。しかし、就労移行支援制度は就労継続支援B型より対象となる条件が厳しく設定されているため、それを満たせているかどうかが重要となります。

必要な条件

就労移行支援制度の利用は、18歳以上65歳未満で一般企業での就労を希望しており、就職が可能いう見込みがあることが条件となります。就職の見込みがあるということは、体力的や能力的にある程度問題がないことを指しており、就労継続支援B型事業所での訓練や勤務が問題なく続けられていれば移行できる可能性があります。

就労移行支援制度のメリット

就労移行支援制度では、職業訓練・就職先探し・決定した職場での定着支援をしてもらうことができます。障害や難病のため、自分ひとりで就職先を見つけることができないという人には大変助かるサービスです。

基本的なパソコンでの業務や、ビジネスマナー、履歴書の書き方まで教えてもらうことができるので、障害者や病気の人が働くことへの不安をサポートしてくれます。一般企業やハローワークなどと連携を取って、その人に適した仕事を紹介しているため、ひとりで仕事を探すよりも、自分に合った仕事内容、環境の企業を見つけられる可能性が高くなります。

まとめ

就労継続支援B型で訓練を積み、能力と体力に自信がついたら、期限を決めて就職に向きあう機会として就労移行支援制度を利用してみてはいかがでしょうか。就職が無事に決まった後も6カ月は面談などにより、就労支援員の方がサポートしてくれるので安心して仕事をはじめることができますよ。