観葉植物と鉢

今回は観葉植物の鉢を選んでみましょう。まず鉢から根鉢を丁寧に抜きます。鉢から抜き取ると、枯れた根や古い土があるので、手でほぐしながら取り除きます。土は全て綺麗に取り除くのではなく、軽くほぐして取れる程度(全体の1/3くらい)で結構です。根が簡単に崩れる場合は、古い土を多く落としても構いません。鉢のサイズはひとまわり大きな鉢にして下さい。排水をよくする為に「鉢底の土」や軽石を2~3㎝(10号鉢の場合です、7号鉢のときは2㎝ぐらい)入れます。その際に、鉢に大きな穴が空いていれば、石や土が落ちないように、鉢底用のネットを敷いてください。その上に土を3㎝程度、薄く敷きます。根を整理した植物を入れ、植木の向きや、傾きが無いよう根の隙間に土を入れていきます。根は細かく、なかなか隙間に土が入り込まないので、鉢を軽く叩き、隙間が無い様、丁寧に入れてあげて下さい。土を入れる高さの理想は、鉢のふちより4㎝下(10号鉢の場合です。7号鉢のときは3㎝下)までです。これは水が溜まる水しろを作るためです。最後には土を入れ終わったら、まんべんなく水遣りをします。幹を前後左右にゆすりながら水やりをしてください。根の隙間に入り込めなかった土が、隙間にどんどん入り込んでいきます。このような手順で鉢をかえることが大切なのです。