観葉植物を育てるには

観葉植物のみずやりについて考えていきたいと思います。水をあたえるばあい表面が乾いてから3日から4日ぐらいたって与えるまた、季節においてのばあい。冬の水やり表面が乾いて更に3日から4日したら鉢底から水が流れ出るぐらいたっぷりと与えます。受け皿には水を貯めないよう注意してください。特に花好きの人はつい鉢土の表面が乾いているのを見ると水を与えたくなってしまうので、少し我慢が必要になります。冬の観葉植物の水やり回数が多すぎて根腐れさせる事が多いので十分注意してください。冬の水やりは上手く冬を越させる重要なポイントの一つになります。そして生育期の水やり生育期の水やり方法は、木ものの幸福の木などは鉢土の表面が乾いてから与える方法が多く、アンスリウムなどの葉ものは表面が乾く前に与える場合が多いです。それらによって、また多肉植物などの乾燥地帯に生息する植物は乾燥に強く多湿に弱い植物が多いので、表面が乾いて数日してから水を与える方法が多いです。もし、インターネットにもあまり出ていない観葉植物で水やり方法がよく分からない場合は、生息地が高温多湿地帯(アマゾンなど)、温帯地帯(日本本土など)、半乾燥地帯(マダガスカル南部など)、乾燥地帯(メキシコ北部)などが分かれば、同じ地域に生息している観葉植物を探す事ができれば水やり方法もなんとなく分かってきます。また、同じ科に属する観葉植物を探して水やりを真似る手もあります。植物によってその環境作ってあげることが大切なのです。