観葉植物に必要な事

観葉植物は生物である以上 水がなくては生きていけません。しかし、水を与えればいいというものでもありません。みなさんは観葉植物のみずやりについて、考えたことがありますでしょうか。表面が乾いてから与える観葉植物の基本的な水やり方法です。観葉植物の多くは水を与え過ぎると、根腐れを起こして枯れてしまう事があるので、表面が乾いてから水を与える方法が多くなります。水やりのタイミングですが、土の中に指の第一関節を突っ込んで、水気が感じなければ水を与えると言う方法が一番安全だと思います。水を与える時は鉢底から水が流れ出るぐらいたっぷりと与えます。受け皿には水を貯めないようにしますと表面が乾く前に与える表面が白く乾く前に鉢底から水が流れ出るぐらいたっぷりと与えます。
観葉植物の水やりは、大きく分けて「鉢土の表面が乾く前に与える」、「鉢土の表面が乾いたら与える」、「鉢土の表面が乾いてから、3~4日してから与える」の3種類があります。種類と時期によって水やりの方法が異なりますが、観葉植物の基本的な水の与え方は「鉢土の表面が乾いたら与える」です。観葉植物を枯らせてしまう原因は、水の与え過ぎによる根腐れが多く、それらは、植物によっては特に冬は休眠期であまり水を吸い上げないので、水の与え過ぎは十分注意してください。水を好む観葉植物の水やりになりますが、いつも用土がびっしょりでもいけませんので、水の与え過ぎには注意してください。なんでもたくさん与えればいと言うのではありません。